「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

新着記事

カレンダー

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別ブログ記事

2018/01/01

「おとなになった発達しょうがい当事者さんの話をきいてみよう ~発達障害とLGBTへの理解~」

第一部「ジェンダー視点から見た発達障害という生き方~ LGBT・多様な個性とともに~」

講師 メイプル氏(ADHD と自閉症スペクトラムであることを公言して働いている30 代のサラリーマン。大学時代~就職直後にかけて数々のトラブルに見舞われ、26 歳の時に診断を受けたことで、納得の人生が始まった。興味・関心の強いジェンダー分野の活動もしている。男女共同参画や多様性(ダイバーシティ)の視点から、発達障害を見つめつつ、多様な個性が活きる社会の実現を願っている。)

第二部「子どもの性の芽生え~うろたえる大人~」

講師 熊谷 良子氏(カウンセラー、メンタルケア心理士®、保育士、日本心理学会認定心理士。「宮崎カウンセリング&リカバリールーム」を1997 年に開設、不登校・ひきこもり、思春期青年期問題、依存症、摂食障がい、家族・地域・職場での人間関係などのカウンセリングに従事。講演活動:学校・保育園等で講演。)

 

●今回、都城市内だけでなく遠いところからもご参加いただきました。小さな子どもさんも一緒にご家族でのご参加や、親子・ご夫婦、また支援者や学校関係者の方々なども多数ご参加くださいました。下記は皆様の感想です。

 

・今回、私は初めて発達障がい者本人からの体験談等を聞かせていただき、大変勉強になった。現在ADHD等を理解しようとしている中での私にとってのこの話は大変学び・理解が深まった。周りの方に想わせる環境をつくれることの大切さ、その大変さ、深く勉強になりました。本当に有難うございました。

・メイプルさんの講演。自身の発達障害を包み隠さず話して下さり、わかりやすかった。発達障害という特性を表に出して、自分の居場所を獲得されるまでの格闘は大きなものがあったと思われます。しかし、笑顔で自分らしく生きておられる姿は今現在こどもの将来を不安に考えて生きている方々に勇気を下さいました。幼児期にしっかり関わること、親として、周りを支える大人として、何が大事かを考えさせられました。良子先生が周りに特性を理解してくれる人をつくっていく大切さを熱心に話して下さいました。良い勉強の機会をありがとうございました。

・とても勉強になりました。ありがとうございました。

・LGBTの人々の困り感と、発達障がいの人々の困り感とリンクしました。高校生に何を伝えていけばよいのか、どう伝えていけばよいのか、これからたくさん考えていかなければならないと思いました。

・難しいのはひとりひとり状況も違うし、伝えないといけないことも違うということかなと思います。個に合わせた対応・サポート・教育を心がけていきたいと思います。

・性教育…大事ですね。学校でもよく相談されます。性に関する話がタブーだと思っている聖性も多いので、相談される側の準備も必要だなと感じました。うちの学校で熊谷先生に話をしてもらいたいです。

・ありがとうございました。性の話は親子でさえ話しづらい・聞きづらいところがあります。特に中高生をお持ちの親子さんには聞いて欲しいと感じました。又、メイプルさんの話には幼児教育に携わっている者としては目からうろこでよく分かりました。ぜひもう一度聞いてみたいと思いました。そして、もっと多くの人達に聞いてもらいたいと感じました。時間が短かったので1日あっても良いと思います。

・初めてお話し聞きに来ました。娘がアスペルガーとADHDですが、メイプルさんのお話で、なるほどそういう気持ちだったのか…と思うことや、良子先生のお話では、やっぱり私もその傾向が強いこと、主人にもあることが改めて見えることでした。性についてもっと上手に話してあげられたらと思うことがよくあったので、今日のお話がとても役に立ちそうです。ありがとうございました。

・今回の大人になった発達障害当事者の話を初めて聞いて色々勉強させていただきました。ジェンダーという言葉も初めて聞いて、会社などの男女差別は未だにありますが、この様な講演を聞いたことにより、周りや会社の方々に話して皆と考えていきたいと思います。とても勉強になりました。ありがとうございます。

・今回も非常に素晴らしい企画をポン太クラブさんは開かれてありがたいです。「性的マイノリティ」を取り上げるご苦労に深く感服しました。MAPLEさんの講話は、正直「性的マイノリティ(LGBT,SOGI)」はこうだと語られている乱暴さ、決めつけたような発言、講師としてよろしくない言葉遣い等が目立ち、少々残念でした。ポイントはちゃんと押さえてある講話がもったいなかったです。ありがとうございました。

・LGBTであり、発達障がいである自分にとってどんぴしゃなお話でした。個人的には社会に隠すものは何もないと思っているので堂々としていますが、それでもやっぱり壁にぶち当たることも多いので、こういった講演会で理解を広めると同時に声を上げていくというのは大切なことだと思います。良いお話をありがとうございました。

・メイプルさんの説明は非常に分かりやすかったです。我が子にも公務員になってもらって声を上げてもらいたいと思いました。気付いた人が何でも意見を言える社会になってほしいです。ありがとうございました。

・とても勉強になりました。難しいことかもしれませんが、宮崎市内でもやっていただけると嬉しいです。

・当事者MAPLEさんのお話は、実際に社会で生活している方なので息子を持っている親として希望が持てました。「苦手な事も底上げが必要です」この言葉は印象的でした。それは一般的に「得意な事を」っていうのをよく耳にするので。やはり当事者さんのお話は現実味があり参考になります。ありがとうございました。

・良子先生のお話は性のお話でしたが、勉強することがないのでいい経験でした。

・メイプルさんのコミュニケーションスキル、たくさんありそうで…ぜひ伺いたいです。良子先生の警察・弁護士に理解を深めてもらうのは大事だと思う。塀の中では理解者がいなくなってしまうと思うと恐ろしくなる。

・本日は良い機会をいただき、ありがとうございました。MAPLEさんのお話は、とてもわかりやすく的確で、又大変ご苦労されてこられたことと思います。私は今回初めての参加でしたが、全くの無知で勉強が必要だと思いました。末っ子が生きにくいと感じていて、学校からの紹介でこれから受診するところです。先は長いですが、工夫でMAPLEさんのように社会に出られるよう、又そういった社会を作っていくべきという事の大切さを強く感じました。良子先生は暖かく親しみやすい方で話に引き込まれました。子供の性に対しての教育の前に、自分たち夫婦の見直しをまずしたいと思います。子供が思春期に入る前から子供と話すこともできたらよいと思います。ポン太クラブさんの活動に感謝します。ありがとうございました。

・発達障害があっても自立して仕事も出来ている事を知りました。就労の問題もあり、仮面を被っての生活をしている事や、発達障害を抱える人がカミングアウトしにくい社会である事など日本に遅れを感じます。〇〇市職員のメイプル氏が窓口にいらっしゃる事で心強く感じます。

・当事者の声が聴ける機会に参加できて大変良かった。弱者、少数派に対する多数派、社会の考え方を変えなおさないといけない。少数派は身近な自分の事として考えなくてはならない。性の話はいつの時代も難しい。障害の有無は今の時代関係ないのかも。ただ特性を考える事は大事なのかと思う。

・TV等では性同一障がいや同性愛者等の方々が出ていたり、活躍している姿も目にしますが、まだまだ生きにくい環境であることを知りました。個人的にはそれは個性の一つであり、人に迷惑をかけることでもないように思いますが、なぜ未だに生きにくい環境であるかということが不思議です。皆がカミングアウトしやすい環境ができていくと良いです。又、現代の小学生はランドセルの色やシューズの色は自分で選べます。女子でも黒のランドセルや、男子でもピンク色の服を着ます。なので中学生でもズボンやスカートが選べると良いようにも思います。性については学校任せの状況が多くあるように思います。もっと家庭でも性について語ってほしいです。家でも悩みを出せる環境も必要だと思います。

・いつもお世話になります。LGBTの事や発達障害の事を世の中に人に知ってもらう必要があると思います。日本の認知度の低さにびっくりします。一般の方への理解が必要です。

・MAPLEさんの話で「苦手」支援の受け方でできるようになる。働くとなると得意な事だけではいけない、苦手な事も底上げして支援の受け方を学ぶことが大事ということにハッとさせられました。大人になっていく過程や働くことにより痛みをたくさん味わうと言われてましたが、提携発達の子ども達ももちろんそうですが、いろんな体験・経験を大人になるまでにたさくさんさせて、その中で自分の生きやすいパターンや生きやすい方法を見つけていくことが大切だと思いました。熊谷先生の話は、自分の知らない・気づいていない・見えていない社会のことなので一部分を聞けて興味がわき、もっと聞きたいという想いと、社会の闇というか生きづらさの部分の怖さ・悲しさを感じました。一つ一つ詳しくもっと深く聞きたかったです。

・とてもわかりやすくお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。主人が「オレADHDだ」と言っていたことがありました。「そんな事言ったらADHDの方に失礼だよ。もっと困っておられて大変なんだよ。」と言い返していましたが、今日話しを聞いて何割か持ってるってことがあるんだと思いました。より理解してあげやすくなったような気がします。四人の子供達のうち1人は手帳を頂いていますが、もしかしたら他の子も何か困り感があるかもしれないですね。私自身も引出が少ない気がして…年のせいにしていましたが、普通を知らないので自分しか分からないので何とも言えません。でも私も主人もとても幸せなので、まあいっかとも思います。20歳を超えた自閉症スペクトラムの息子の性についてもプラスになるお話でした。人を巻き込まない事を常に言いたいと思いました。

・MAPLE先生の講演を聞いて自分の視野の狭さに気付きました。他人の問題とばかり思っていましたが、自分もその中にいる事を自覚して政治にももっと関心を持ち、正しい知識・情報を会得していこうと思いました。熊谷先生の講演を聞いて、夫婦の中で振り返る事や自分の事でそうだったんだと思うことがありました。多くの若い夫婦、子供連れの家族を見て、子供の将来を真剣に考えているんだなぁーと思いました。今日の講演会に参加できて本当に良かったです。ありがとうございました。

・子供が発達障害です。子供の将来が不安で、大人の当事者の方の話が聞きたくて来ました。内容もとても勉強になりましたし、障害を持っていても立派に自立して活躍している方を見て励まされました。来てよかったです。

・自分が思っていた以上に分からない事だらけで、今日の講演を聞けて良かったです。

・凄くわかりやすく、ダイレクトに伝わってきました。オブラートに包まず、はっきりした言葉でストレートに表現して頂いたのでよりわかりやすかったです。まずは知ることで理解できると思いました。否定せず、多様性を受け入れることで、皆が生きやすくなると感じました。

・<MAPLEさん>ジェンダー視点、多角的に広い幅のお話とても勉強になりました。多様性を生かすことで社会的メリットが生まれるお話はとても共感しました。適材適所で能力を生かすことができる働き方はこれからの日本(人口減少による人手不足)を解決していけると思う。MAPLEさん、素晴らしいお話ありがとうございました。<熊谷良子先生>まさに息子が高で、とってもタイムリーなお話で、とても勉強になりました。家族の中で沢山の話(生活のこと、趣味のこと、受験のこと)をしていましたが、性の話をすることがなかったので、今から話をしていこうと思いました。今日、良子先生のお話が聴けて良かったです。

・性教育については日常生活の中で具体的な表現で伝えていく必要があると思った。

・MAPLEさん、当事者さんということで、とても分かりやすく語って頂いてありがとうございました。小中高大をどのように学校生活を送ってこられたのか、とても知りたいです。明るく前向きなその性格はどのように獲得されたんでしょうか?How toを知りたいです。熊谷良子先生、家族の出番・役割について聞きたかった。犯罪につながるのですね…親が悩んでいます。思春期以降のスキル、勉強になりました。

・初めて参加させて頂きました。障害は個人でそれぞれ違うので、社会の中で生活するには難しいだろうなと思います。特に田舎では自分の子供がこれから自立して生きていけるのか、大変不安に思っています。進学するのも就職するのも、これから色々と考えながら決めていかないといけないですが、考える時間は思っているよりも少なくて本当に大変だなと思います。やはり話し合ったりする機会を作ったり、逃げずにきちんと向かい合っていけるといいなぁと思いました。今回勉強になりました。ありがとうございました。

・普段なかなか聞きづらい話題、内容だったので、とても良かったです。又、次回のお話も聞きたいなと思いました。

・発達障害+機能不全家族=性風俗に流れ着くという点から、発達障害の子ども達を支援する場合は、やはり家族も大切に支援していく必要があるなあと思った。

・東日本大震災の時、―10℃の屋外で赤ちゃんをあやしたお母さんの話を聴いて涙が出そうだった。熊本の地震後も宮崎のお母さんがすぐテントを買いに行ったと耳にしたことがある避難所で、自分の子は皆と一緒には過ごせないという思いからだという。LGBTの方々のこともふまえ、防災面からの支援も考えていきたいと思った。(都城防災士ネットワーク所属を生かして)

・性に関する話題をオープンに教えていただき有難かった。「勇気は実践においてだけ学ぶことができる」(アドラー)これからも他者との関りによって勇気と挫折するのを防ぐ方法を伝えていきたいと思った。

・どちらのお話も大変参考になりました。ポン太クラブの皆さん、有難うございました。

・これから子どもの心と身体の変化に向き合っていかなければいけないなと思っています。意識して家族で少しずつ取り組んだほうがいいなと思いました。とても勉強になりました。ありがとうございました。

・来てよかったです。夫婦で参加しました。今は子どもはいませんが、自分たちの子どもができたときに、今日伺ったお話を思い出したいです(もちろん今この時から先生方のお話は胸にあります)。質の高い講演会に無料で参観できて、かなりラッキーです!会場の雰囲気づくりも素敵でした(「自由にお過ごしください」のアナウンス、茶菓子の準備、和室…)また参加します。

・多様性を受け入れる社会、とても大事だと思います。子どものうちから色々な人と関われる環境をつくることがいいと思います。

・とても興味のある講演だったので参加させていただきました。初心者なので初めて耳にする言葉だったり難しかったのですが、熱心にお話をされていらっしゃったのでわかりやすかったです。これからも参加させていただいて、もっと勉強したいと思います。このことを生活や仕事の中で生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

・メープル先生のお話しとても楽しく聞けて良かったです。ジェンダー、ダイバーシティ、マイノリティなど今日初めてきちんと意味が分かりました。子供の将来の事で不安になっていたので今日のお話を聴けて気が楽になりました。子供の特徴をいかしてあげたいと思います。熊谷先生の子供の性の芽生えはとてもびっくりしましたが、普通では聞けない話でとても勉強になりました。子供ときちんと向き合う日が必ずくるので色々勉強しておけて良かったです。またお話聞きたいです。ありがとうございました!

・昨年はメイプルさんの講演、参加したかったのですが都合がつかず逃してしましました。今年もあり、今年こそはと参加しました。職場の上司が、前の課で部下にあたる職員をかなり厳しく指導していた話を時々されます。聞きながら発達障害の人だろうなぁ~、でもこの上司に話してもなかなか理解してもらえないだろうなぁ~と、言葉を飲み込んでしまう事が何度かあります。この事に限らず話しても理解してもらえないだろうな、でも伝えないとわかってもらえないだろうな、といったりきたりする事が多いです。

・毎回良いお話を聴かせて頂いてありがとうございます。小6の長男が中3になり、今日も一緒に参加できました。本人に何か響いたのかは分かりませんが、これから先、本人、私たちの為に、また次回も参加できればと思っています。

・すごく勉強になります。帰って読み返します。ありがとうございます。

・お疲れ様です。クラブの名前は良く知っておりましたが、活動内容は知りませんでした。現在、見ている利用者さんのこと考えると勉強のため来ました。楽しい話、勉強させていただきました。また次の機会に聞きに来ようと思っています。ありがとうございました。

・日頃あまり聞くことのできないお話で、とても勉強になりました。ありがとございました。

・子育てにおいて、また仕事においても、もしかしたら…という不安にかられる事があります。もしかしたらこれって障害?もしくは、こんな神経質にいつも不安にかられている私がそう?そう感じたら、そういう不安はまず何処で調べて誰に質問したり何処を受診するの?と思ったりする事もあります。まず発達障害とは何なのか学びたく参加しました。とても参考になりました。もう少し子どもと寄り添い本日の講演を考えながら過ごしてみようと思います。

・LGBTに対して「なぜ〇〇ができないのに、□□なの?」という考え方、バリバリでした。

・弁護士の方を知っておく、理解してもらう、本当に大事だと思いました。

・分かりやすい講演でとても良かったです。なかなか自分では人に話せられないと思っていたことで大変良かったです。又を楽しみに待っています。よい勉強になりました。

・児童精神科に1年3か月通院している小学2年生の女の子を持つ母です。アスペルガー、チックの診断を受けています。音楽の授業、ざわざわしている時、イヤマフもしています。これからも参加していきたいと思っています。勉強になり、ありがとうございました。

・今日は講演会に参加させていただきありがとうございました。成人された当事者の話を聴けたのは良かったです。どういう時に困ったか、その時、どんな周りの方の支援や対応が助かったのか、そんな内容も今後聞ければ…とお思いました。本日はありがとうございました。

・良いお話をありがとうございました。対人関係について話たくさん聞きたかったです。

・発達障害と言われている人達も自立し、社会で立派に活躍している人もいます。私はこの人達の個性を活かせる職場があったからこそ人々に認められ今があるのだと思います。日本は先進国なのに福祉に関しては外国に比べて遅れています。島国根性という昔から根付いたものが未だに残っているのも事実です。どんな障害を持っていようが、その人らしい生き方ができる社会を早く作ってほしいです。今日の講演、わかりやすく本当に良かったです。ありがとうございました。

・現在同じ症状のある年長児をお世話しています。4・5・6とても苦しく本人も暴力・噛みつきなど苦しい生活をしているのだと日々悩んでおりました。保護者の理解がなく、このままでいいのかと日々考えていましたのが、講話を聴きながら、これから頑張って周りからも援助を貰いながら小学校へ送り出したいと思います。話を聴いていると本児の事を思い涙が出てきました。貴重な時間をありがとうございました。

・今日はありがとうございました。とてもおもしろかったです。もっとオープンに言える社会だといいですね。あと、苦手を克服する努力しないといけないというのは、おもしろかったです。具体的にどうするのか、またお聞きしたいです。

2018/01/01

300217.pdf

S.E.N.S(特別支援教育士)の会 宮崎支部会 設立記念講演会の御案内
 
 特別支援教育士“Spechial Educational Needs Specialist” 略称:S.E.N.S(センス)は、一般財団法人特別支援教育士資格認定協会が認定するLD・ADHD等のアセスメントと指導の専門資格です。
 「S.E.N.S(特別支援教育士)の会 宮崎支部会」は、その資格を有する県内会員の組織として、昨年度10月に発足し、研究会の開催など本年度から本格的に活動を開始しました。
 この度、一般社団法人特別支援教育士資格認定協会の助成を受け、宮崎支部設立総会の記念として、会員及び会員以外の方々を対象に、下記のとおり講演会を開催することとなりました。
 今回は、佐賀大学の日野久美子教授を講師に迎え、算数に関する支援について講演をいただきます。算数を苦手とする背景について理解を深め、今後の支援につながる機会にできればと考えています。皆様の多数の参加をお待ちしております。
 
1 主催 S.E.N.S(特別支援教育士)の会 宮崎支部会
2 後援 宮崎県教育委員会  宮崎県市町村教育委員会連合会
3 日時 平成30年2月17日(土) 午後1時15分から午後4時30分まで(受付 午後零時45分から)
4 場所 宮崎県教育研修センター(宮崎市阿波岐原前浜4276-729)
5 内容 講演「算数分野の苦手さの背景を理解した支援の在り方」
      講師 日野 久美子 氏
          (佐賀大学大学院学校教育学研究科 子ども支援探求コース 教授)※S.E.N.S-SV(特別支援教育士スーパーバイザー)
6 日程 12:45 受付
      13:15 S.E.N.Sの会 宮崎支部会 挨拶
      13:30 講演会「「算数分野の苦手さの背景を理解した支援の在り方」
      16:30 終了
7 参加費 無料
8 参加申込み  「S.E.N.Sの会 宮崎支部会」事務局宛メールか裏面FAXで申し込む。 締切 平成30年1月26日(金)
           <住所>〒883-0034 宮崎県日向市大字富高6520番地 富高小学校 ことばの教室
           <担当>山本 文子
           Tel:0982-52-2047   Fax:0982-52-0779  E-mail:yamafumi2@hotmail.co.jp
9 その他 S.E.N.S、S.E.N.SーSV有資格者の方は、資格更新ポイントになります。
            
 

 

2017/12/31

ポン太キッズ『ピザ作り体験』
今回は、石釜ピッツァとパンの店Bouno(ヴォーノ)でピザ作り体験をします。Bounoさんは社会福祉法人「風の道」さんが運営されているお店で、お店の中に石釜があり、焼き立ての美味しいピザが食べられます。ポン太でお店を貸し切って、自分でピザを作って食べましょーっ!
 
<日 時> 平成30年1月14日(日)11:00-13:00 
<場 所> 石釜ピッツァとパンの店Bouno(都城市早鈴町1497-2) ℡ 0986-26-1221 https://ameblo.jp/buono-kazenomichi/
<内 容> 5人ずつ厨房に入り、一人一人生地を伸ばしトッピングして焼いて、自分で作ったピザを食べます(サラダ、フリードリンク、デザート付き)。学生ボランティアさんも一緒に参加してくれます。
<準備物> エプロン、三角巾、お手拭きタオル
<参加費>   1人  1500円
<定 員> ポン太会員さま 24名(親子参加です) ※定員になり次第、締切ます。申込が多い時には第二弾を企画しますね。
<申 込> daichi-kentarou@btvm.ne.jp  090-6297-5712(外山まで)

 

ページの先頭へ戻る