ポン太クラブとは

   

障がい児さんを中心に家族やボランティアが集まり、様々な活動をしています。

ポン太クラブに集まる子ども達の障がいや診断の有無、種類、程度はばらばらで、いずれかの方向に限定されてはいません。

障がい児さんだけでなく、普段、我慢することの多い兄弟・姉妹も一緒に参加できます。
子ども達みんなを大切に思うのがポン太クラブです。

保護者も一緒に活動に参加します。保護者同士で話したり、大変さの分かる者同士で愚痴るだけでも大きな意義があります。我慢しすぎずに、自分をだせる場所・仲間は必要です。

私たちは、それぞれに出来ることを話し合いながら、生涯にわたって支え合う力や関係を育てることを目指しています。来て楽しんでもらって、みんなで力を合わせて、それぞれが持つ力をそれぞれの立場で役立ててもらうことだと思います。

親が自分の子どもの診断を受けた後、どこにどう相談していいのか分からないという問題に直面することがあります。また、具体的な診断名はつかないが、個性的で、おそらく少数派だと思われる子どもさんもいます。そういう不安を抱えたご家族と一緒に支え合っていけたらと思っています。

子どもと家族、教育、医療、行政などがさらにつながっていくため、お役に立てる集まりであればと願います。

ページの先頭へ戻る